小銭入れがガマ口タイプの長財布

私がお財布を購入しようと思う時は、いつも今使っているお財布が破れてしまった時です。
1度お財布を購入すると、何年と使っています。
だから今使っているお財布も10年以上になります。

通常、お財布って3年置きに買い替える方が良いと言われますよね。
お財布の神様が、3年しか新しいお財布に宿らないとか。
だから私の使っているお財布には、もうお財布の神様はいないかもしれません。
それでもこのお財布を長々と使っています。

私がお財布を選ぶポイントの第1は、まず丈夫な作りになっているかという事です。
主婦なので買い物をする事が多く、1日に何回もお財布を開けたり閉めたりします。
すると柔な生地で作られたお財布は、直ぐに亀裂が入って破れてしまいます。
折角気にいって買ったお財布でも、直ぐに破れてしまっては元も子もありません。

だから生地は強く、縫製のしっかりしたものを選びます。
それから選ぶポイント第2は、長く使える色や柄を選ぶ事です。

お財布にもその時々の流行の色や柄を使ったものが多いですよね。
流行ものを買うと、次の年には時代遅れになってしまいます。
人から見て、そういったことが知られるのが嫌なんです。
誰が見ても違和感なく、流行を感じさせないものを購入します。

そして第3のポイントです。
それは小銭入れの部分ががま口になっていることです。
最近のお財布は小銭入れがチャックになっているものが多いですね。

先日もデパートで財布 メンズコーナーとレディースコーナーを見ていましたが、どれもこれもチャック式の小銭入れになっていました。
以前チャック式のお財布を購入したことがありますが、お会計の時に直ぐにチャックをあけることができませんでした。

チャック部分がひかかってしまってイライラしていたんです。
それに比べてがま口の小銭入れは、直ぐにパチンと口が開きます。
簡単に開く事ができるので、お会計の時にもたつく事がありません。

小銭入れの中も見やすいですし、小銭を取り出すことも簡単です。
やっぱりお財布は、使う人が1番楽なお財布が良いと思います。

最後のポイントは、長財布であることです。
よく2つ折りのお財布を使われている方がいらっしゃいますが、レジで支払いをする時に、もたもたされている方がおられます。

折りたたんだお財布を真っ直ぐに広げて持ちながら、お札を出したあとに、また2つに折りに直しチャックの小銭入れから細かいお金を出されます。
支払いひとつにそんな面倒くさい工程を辿るのは、効率が悪いと思います。
だから私はがま口タイプの小銭入れの付いた長財布を購入することにしています。