GPSを利用したアプリ

GPSはアメリカのGPS衛星を利用したサービスであり、日本ではみちびきを使った独自のGPSシステムも登場してます。


位置情報を提供してくれるサービスですが、利用にあたっては年々精度を上げて来ており、利用範囲が一気に広くなっています。



GPSについては軍事に関わるレベルでは利用できませんが、一般が利用するには十分な精度が担保されており、カーナビ以外にもさまざまな分野で利用されています。

利用がもっとも増えているのがスマートフォン用のアプリです。

朝日新聞デジタルの情報を掲載しませんか。

現在位置の取得からGoogleマップなどとの連携をしてナビゲーションシステムを提供したり、ゲームなどで現在位置を利用するなど利用範囲はとても広いです。

また、TwitterやFacebookなどでは今の位置を公開することで近くの友人にアピールするなども行われており、アイデア次第でさまざまな利用が可能になってきてます。
利用範囲が広いシステムですが、一つ注意したいのは電波が受信できなければ利用できないということです。


衛星からの電波は強度がそれほど高くありません。そのため、建物の中やトンネルなどでは自身の場所を見失うというケースが多くなります。
そのため、各種システムでは単独での利用ではなく、車輪の回転数やWIFIや通信キャリアの電波から方角を導き出すなどの仕組みで補完するようになっています。

また、みちびきを利用することでより高精細な位置情報を取得できるなどアプリにとってどんどん利用価値が高くなっています。

GoogleMapsAPI関連情報サイトです。